日焼け止めはニキビを悪化させる?その解決策とは!

2b34b16995450d2701171c1d80e09460_s

夏の紫外線対策考えていますか?紫外線を浴びるとニキビができるって本当?日焼け止めクリームを塗りたいけどニキビがあるから使えない!

そんなニキビに関する悩みや疑問を持ってるあなたのために、紫外線とニキビの関係やニキビを悪化させない日焼け止めをご紹介します!

ホントは春から増える紫外線!ニキビの原因はそれ!?

ニキビが増える時期って以外と春が多いと思いませんか。それはなぜだか知っていますか。春は外的刺激がたくさん増えます。例えば花粉、チリ、ほこりなど。そして寒い冬の間、家にこもりがちな環境から急に外出する機会も増えることで、肌も急激に変化します。

乾燥気味だった肌が紫外線を浴び、余計にダメージを受けるのです。それが原因で肌のバリア機能が低下し肌トラブルや敏感肌になってしまうといわれています。

しかも春の紫外線は夏の強烈な日射しとは違い、穏やかで紫外線量も少ないと思われがちですが、本当は4月からかなり増加しています。7~8月からの紫外線量よりも4~5月の方が多いのです。意外ですね!

その大量の紫外線を浴びることによって活性酸素が発生しニキビの原因になるのです。では具体的に紫外線による肌のダメージをみてみましょう。

紫外線(UV)は電磁波の一種で可視光線や電波などと同じようなものです。UVA、UVB、UVCの3種類がありそのうち人体に影響するのはUVA、UVBの2種類です。

UVA/波長の短い紫外線 UVB/波長の長い紫外線

肌の奥の真皮に到達し徐々に弾力が弱まり、シワの原因になります。また、メラノサイトを活性化させメラニンを作ったりすでにあるメラニンを酸化させ黒くする作用もあります。

※ガラス透過するため室内でも窓越しなど注意が必要

表皮を中心にダメージを与え、肌に赤みを伴う炎症を起こしたり肌を黒くします。また角化を早め肌のトラブルを起こしやすくします。

※朝、夕問わず晴れた日の屋外に注意が必要

ニキビを悪化させる日焼け止め!?

お肌を保護するための紫外線対策として日焼け止めを使ってる方が多いと思いますが、ニキビを増やす原因になっているかもしれないということを知っていますか?

ニキビの原因は毛穴に皮脂がつまることです。紫外線を浴び、肌のバリア機能が低下するとお肌の水分がどんどん出て行って、余計な皮脂を作りニキビが増えるのです。

そんな状態でさらに肌に負担をかける日焼け止めをつかったらやはりニキビが悪化するのもわかりますよね。では正しい日焼け止めとはどんなものなのでしょう。

SPF20を目安に!

SPFとは、UVBをカットする値です。

SPF1でUVBを20分間カットします。SPFの数値が高いものほど肌に負担をかけやすいので、長時間外に出る必要のない方や塗り直しができる方は数値がなるべく低いものを使いましょう。

SPF20+++の「 + + + 」は老化を防ぐ!?

SPFの数値の右側に並んでる「 +  + 」を見たことありますか?これはUVAを防ぐ効果の大きさです。「 + 」の数が多いほど効果が高いです。

肌に深刻なダメージを与えるものなので見落とさないようにしましょう。日常使いなら「 +  + 」で十分です。

紫外線を吸収するタイプを避ける

日焼け止めには紫外線を吸収するタイプと反射させるタイプの2種類あり、吸収するタイプのものは肌に負担が大きくニキビができやすいといわれています。

選ぶ基準は“紫外線吸収剤不要“ “ノンケミカル“といった表示があるものを選んでください。敏感肌の方はクリームタイプよりもパウダータイプの方が刺激が少なくおすすめです。

正しい日焼け止めをつかって暑い夏を楽しく乗り切りましょう!

コメントを残す