マスクはニキビに悪い? 実はニキビに効果的な使い方があった!!

30e4c46edc63552ee8c19b3707188780_s

近年はマスクをつけた人を一年中見かけるほど、マスクはポピュラーなものになっています。花粉症対策や風邪、インフルエンザ対策だけでなくノロウィルスなどの感染症予防、保湿対策などあらゆることを目的としてマスクを使うようになって来ました。

またマスクの種類も カラフルになり、キャラクターや可愛らしいデザインのものなど多くの種類があって、機能性マスクとともに人気です。そのためか本来の目的以外にニキビ隠しでマスクをつかっている方も増えているそうです。

このような便利なマスクですが、本当のところ、ニキビにはいいのでしょうか?それとも悪いのでしょうか?

マスクの効果

まずは、ニキビの良い点に着目してみました。

清潔

日常生活における雑菌や細菌を防ぎます。皮脂やホコリなどの汚れをエサにするアクネ菌を防ぐことでニキビを予防し、不潔になりがちな口元を清潔に保つことによって既にできているニキビも悪化させません。

刺激を避ける

ニキビにとって外からの強い刺激は大敵です。冷たい外気や強い紫外線を浴びて、ニキビが赤く腫れたり大きくなったり、症状が悪化することもあります。

保湿効果

お肌が乾燥するとニキビができやすいです。乾燥によって肌バリア機能が低下し、肌自身が皮脂を過剰に分泌するからです。皮脂が増えればアクネ菌も増殖し、またニキビができる。といった悪循環になってしまうのです。マスクをすることで適度に湿度が保てお肌が潤います。

マスクがニキビを悪化させる

では次にマスクはニキビに良くないという説を検証してみましょう。

湿度を高める

マスクの中は息や汗などで湿度が高くなりがちです。湿度が高ければ雑菌などは増えやすい環境になりニキビの原因であるアクネ菌も増えることになりニキビができやすくなります。

摩擦が肌を攻撃する

敏感肌の方は摩擦に弱いのでマスクの素材によっては肌トラブルが起きやすくなります。当然、ニキビも刺激され悪化することにつながります。

不潔な環境をつくる

学校や会社など外出時の時に着用するため、長時間つけていることになります。そのためにマスクの中が蒸れて、内部で細菌などが繁殖し不潔になりがちです。

マスクの選び方と使い方

マスクの良いところと悪いところを比べてみましたが、私自身の考えではどちらも正解で、間違ってはいないと思います。ただ、ニキビケアのためのマスクを着用するのなら、それに合わせたマスクを選び、使い方も気をつけなければ、逆効果になる怖さもあるのでは?

マスクの使い方
      • 肌触りの良い素材のものを選ぶ
      • 1日最低2~3回は新しいものと交換する
      • つけっぱなしにせず、時々外して空気の入れ替えを行う
      • 家に帰ったらマスクを外し、洗顔、保湿などのケアを忘れない
      • 必要以上に神経質にならず、リラックスして早めに寝る。

全部大切なことですが、案外最後のメンタル面が一番効果的かもしれませんね!

コメントを残す