オールインワンジェルって化粧しない時はつかわない方がいい?

cream-1464295_960_720

 

 

世間では「時短!時短!」といろんなことに対して時短して、少しでも自分の時間や他のことに時間を回すという傾向にあります。

特に、女性は常に忙しく「時間が足りな~い!!」という方も多いのではないでしょうか?

そんな時短好きの女性が、多く使っている「オールインワンジェル」について今回は書いていきたいと思います。

オールインワンジェルだからと言って、塗っておけばいいってわけじゃ無いみたいなんです…。

化粧しない時はつかわない方がいいって本当なのでしょうか?

書いていきますね。

 

オールインワンジェルとは?

 

そもそも「オールインワンジェル」ってなんなのでしょう?

まずは、ここをおさえておきましょう!

オールインワンジェルとは、簡単に言えば洗顔した後に使う基礎化粧品が1つのコスメでカバーできちゃうものです

一般的には、化粧水・乳液・美容液やクリームなど単品で使うことが多いわけですが、オールインワンジェルはこれらの化粧品がすべて入っているので、たった1つでカバーできちゃう優れものなんです。

最近では、化粧下地としても使えるものも出てきました。

時短にもなりますし、コスト削減もできて女性にはうれしい限りですね。

 

同じオールインワンジェルでもいろんな種類があるんです!

 

名前が同じオールインワンジェルでも、種類があるってご存知でしたか?

どこの企業も「これ1本あれば大丈夫!」などと宣伝していますが、美白目的のオールインワンジェルもあれば、毛穴ケア目的のオールインワンジェルもあります。

敏感肌の人が使って、肌荒れしてしまった例や他の保湿クリームと重ね付けしないとダメだったという例もあります。

どんな目的のオールインワンジェルなのか、購入する前にきちんとチェックすることが大切ですね

 

オールインワンジェルのデメリット。化粧しないときはつかわない方がいい?

 

みなさんは、オールインワンジェルのデメリットはご存知ですか?

オールインワンジェルのデメリットは、やっぱり化粧品単体で使う効果に叶わないということです

化粧水は、肌の角質層に水分を浸透させ、そのあとに使う乳液や美容液の効果を高める効果があります。

また、美容液は化粧水を塗ったからこそ美容液成分を肌の奥まで浸透させ、潤いを閉じ込める効果があります。

一見面倒なスキンケアでも、順番に行うことによって美容効果を高めているんです。

ですが、オールインワンジェルは時短にはなるのですが、すべての工程を一気に行うので、効果は単品よりも弱くなってしまうんです。

ここで気を付けてほしいのが「化粧下地入りのオールインワンジェル」です。

化粧下地は、ファンデーションが肌の表面でフィットしやすいようにしてくれる役割があります。

本来は、直接肌に触れない化粧下地成分が、肌に触れることで無防備な肌に入り込んで汚れの原因になってしまうこともあります。

失敗しないようにするには、「きちんと自分の肌に合ったオールインワンジェル」を選ぶことです。

肌の悩みに合わせて成分をしっかりとみて購入しましょう。

オールインワンジェルは、どんどん進化しているので自分に合ったものを選んで、自分の味方にしていきたいですね。

コメントを残す