ニキビの種類で治し方が違う!種類別の治し方、ニキビケア

1d063d917e416053291eb778c191265c_s

顔に「プク」っと出来るニキビ。
メイクものらないし、酷くなると赤くなって目立ちます。

ニキビに種類があるのは知っていますか?
種類によって治し方もケア方法も違います。
治りの悪いニキビ、繰り返すニキビは治し方、ケア方法が違っているかもしれませんよ。

白ニキビ治し方

白ニキビはニキビの初期状態になり、この段階では毛穴に汚れが詰まっているだけです。
簡単なケアで治る事が多いです。

白ニキビ特徴

  • 毛穴に汚れが溜まっている状態
  • 小さなプツプツが出来る
  • 痛みや赤味はない

 

白ニキビケア方法

毛穴を綺麗にする

毛穴に汚れが溜まらない様に洗顔をする。
逆に洗顔のし過ぎ、洗浄力の強い洗顔料、スクラブ洗顔は過剰に皮脂を分泌させる原因になるのでNGです!

毛穴の汚れをきちんと落としたい方は合成界面活性剤が不使用のクレイ洗顔がおすすめです。

保湿

洗顔後は必ず保湿を!
保湿成分が入った化粧水でケアをした後に保湿剤で蓋をして水分を逃がさない様にして下さい。
しっかり保湿が出来る様に浸透するナノ化された化粧水や乳液がおすすめです。

黒ニキビ治し方

黒ニキビは白ニキビが少し悪化し白くポツポツしていた所が酸化して黒くなったものです。
黒ニキビは放っておくと色素沈着してシミの原因になる事もあります。

黒ニキビの特徴

  • 毛穴に汚れが溜まっている状態
  • 毛穴の汚れが酸化して黒くなっている
  • 炎症・赤味はない

 

黒ニキビケア方法

洗顔を見直す

毛穴を綺麗にしようと洗浄力の強い洗顔料や合成界面活性剤が入っているものを使用すると肌の潤いもなくなり皮脂が余分に分泌され毛穴が詰まる原因になります。
黒いキビの場合にはピーリング効果のある洗顔料を使用する事で毛穴のケアが出来ます。

ですが、ピーリング洗顔は強いので刺激のマイルドなフルーツ酸が入っているピーリングがおすすめです。

保湿

保湿ではビタミンCが含まれる化粧水や乳液がおすすめです。
毛穴を引き締める効果や皮脂の酸化も防ぐので黒ニキビにはピッタリです。

赤ニキビ治し方

赤ニキビになると炎症が起きるので、痛みや赤味が出ます。
見た目も白ニキビや黒ニキビよりも、かなり目立ちます。

急に赤ニキビになる場合もありますが、白ニキビや黒ニキビが悪化して赤ニキビになる事もあります。

赤ニキビの特徴

  • 赤味や炎症が起きている
  • 炎症の原因はアクネ菌
  • ニキビの箇所を清潔に保つ

 

赤ニキビのケア方法

ニキビの箇所を清潔に保つ

ニキビが気になるからと言って手で触っていると悪化します。
あまり手で触らずアクネ菌の繁殖を抑えましょう。

洗顔のし過ぎや合成界面活性剤には注意

洗浄力の強い洗顔料を使ったり、顔を清潔に保とうと何度も洗顔をする事はニキビを悪化させてしまいます。
赤ニキビが出来てしまった時には、お肌に負担をかけない洗顔料を使い洗いすぎない様に気を付けましょう。

炎症を抑える

炎症を抑えるためには抗炎症効果のある化粧水を使用しましょう。
洗顔後のケアに使用すれば改善が早くなります。

ケアはビタミンC配合のものを

ビタミンC配合の成分が入っている化粧水や乳液を使う事でニキビ跡が残りにくくなります。
ニキビ跡が残りにくい赤ニキビの場合にはおすすめです。

保湿

保湿をきちんと行う事で皮脂の分泌を抑える事が出来ます。
余分な皮脂が分泌されなければ毛穴の詰まりもなくなり、ニキビになりにくくなります。

黄ニキビ治し方

黄ニキビは炎症も起き赤味もある、それにニキビが膿んでいる状態です。
気になって触る方も多いですが・・・触ると膿が出てきて、また黄ニキビが出来てしまう場合もあります。

黄ニキビは繰り返しますし、ニキビが治ってもクレーターの様にニキビ跡が残ってしまい厄介です。

黄ニキビの特徴

  • 痛みがある
  • 膿んでいる
  • 触ると潰れて膿が出る
  • ニキビ跡になりやすい
  • 繰り返し出来やすい

黄ニキビは白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビが悪化したもので、黄ニキビになる前にケアをして治した方が良いです。
ですが黄ニキビになってしまった場合は、跡が残らない様に出来るだけ早く治す方法を紹介します。

黄ニキビのケアの方法

洗顔を丁寧に行う

黄ニキビは触ったりすると膿が出てきて悪化する場合もあります。
ゴシゴシ力を入れて洗う必要はないですが、毛穴の汚れを綺麗にする必要はあるので、キメの細かい泡で優しく洗顔し、肌の摩擦を抑えて洗顔します。

炎症を抑える

化粧水などは炎症を抑える成分の入ったものを使用する事で悪化を防ぐ事が出来ます。
グリチルリチン酸ジカリウムなど、炎症を抑える効果は少ないけど、お肌に優しいものを選びましょう。

ケアはビタミンC配合のものを

黄ニキビも跡になりやすいです。
黄ニキビの場合には肌が凸凹したクレータの様な跡が残りやすいので、ビタミンCが配合されたケア用品を使用する事で跡を残りにくくします。

保湿

黄ニキビにも保湿は重要です。
保湿をしっかりして皮脂の分泌を抑える事で、再発予防や悪化予防になります。

食生活を見直す

ニキビは食生活の乱れや生活の乱れが原因の場合もあります。
脂っこい食事が多かったり、睡眠が不足していると出来やすくなるので、何度も繰り返す人は食生活を見直してみて下さい。

ニキビに困った方は実はニキビの種類に関わらず、同じケアをしていませんでしたか?
ニキビは種類によってケアが違うので参考にしてみて下さいね。

コメントを残す