美容液と乳液の違いとは?正しく理解して肌を乾燥知らずにしよう!

799eefaac5d86e1a2088e9b916cbdaf2_s

綺麗なお肌を作る為にはスキンケアは重要です。
でも、スキンケアについて分からない事、実は勘違いしている事も多いです。

私も知らずにいました・・・乳液と美容液の違い!
同じだと思っていました、実は役割が違っていたんです。

乾燥の改善や美肌為に美容液と乳液の違いを紹介します。

美容液と乳液の違いは?

簡単に説明すると、こんな感じです。

  • 化粧水→お肌を整える
  • 美容液→保湿、アンチエイジング剤
  • 保湿 →潤いを与えて、水分の蒸発を防ぐ

少し前は洗顔後のケアは化粧水でお肌を整えた後に乳液で保湿でした。
美容液は特にケアが必要な所へ使用していましたね。

最近では洗顔後に化粧水でお肌を整えた後に、美容液でケアをしてから最後に乳液で保湿。
乳液がお肌の水分の蒸発を防ぐ蓋の代わりになるので、お肌の乾燥を防いでくれます。

美容液も乳液も保湿効果はありますが、乾燥が酷いなら化粧水と乳液を。
それ以外にシミや小じわ等が気になる所には化粧水と美容液と乳液でケアしましょう。

美容液の役割と正しい使い方

美容液は有効成分が濃縮されています。
美容液はお肌の乾燥以外にもシミ、小じわにも効果があります。
更に加齢によって起きる、たるみにも効果があります。

美容液の効果的な使い方

美容液は化粧水で肌を整えた後に顔全体に馴染ませます。
保湿効果が高いので特に乾燥が酷い場所には重ね塗りをします。
ですが、重ね塗りは2回から3回程度で、塗りすぎは肌のベタつきの原因になります。
その後に乳液で、お肌に蓋をする事で水分をお肌にとどめる事が出来ます。

効果的な美容液の塗り方は毛穴が開いている状態の方が美容液の成分が浸透します。
お風呂上りや蒸しタオル後に乳液を使用すると効果的にお肌に成分が浸透します。

乳液の役割と正しい使い方

乳液には油分が含まれており、その油分がお肌に膜を作って水分の蒸発を防ぎます。
役割は化粧水の後に水分を閉じ込める為に使用する方が多いですね。
乳液の油分はセラミドと言う保湿物質で角質の隙間を埋めてくれる働きがあります。

隙間を埋める事により水分の蒸発を防いでバリア機能が強化されます。
また、美容液をしようする場合には美容成分をお肌に長くとどめる事が出来ます。

乳液の正しい使い方

乳液は油分があり水分の蒸発を防ぎます。
ですが、化粧水を使用した後の方が浸透します。

化粧水は保湿成分の効果は低いですが、保湿以外にもお肌を柔らかくしてくれる効果があります。
お肌が柔らかくなるので、より乳液の浸透が良くなります。

乳液を使う時には化粧水を必ず、お肌を柔らかくしてから使用して下さい。

 

コメントを残す