乾燥肌にオススメ!界面活性剤不使用クレンジングは、なぜいいの?

AI_IMG_7769_TP_V+

毎日メイクを欠かさない!そんなあなたが使っているクレンジングに100%満足していますか?メイクが落ちにくい。ヌルヌル、ベタベタ嫌な感触がする。匂いが嫌い、など今お使いのクレンジングにお悩みのあなたは必見です。まずは、ご自分が日頃どんなメイクをしているのかチェックしてみてくださいね

自分にあったクレンジングとは?

クレンジングの役目はしっかりメイクを落とすことです。でもしっかり落とすということは、メイクと一緒に皮脂類も落としてしまうため、ケアしないと乾燥→小じわなどのトラブルに発展します。普段から自分の肌の様子をチェックして、洗顔の後のつっぱり感や普段から肌トラブルが多いかどうかなど考えてみてください。では、自分にあったクレンジングをタイプ別にみていきましょう。

オイルクレンジング

ジェルクレンジング

クリームクレンジング

ミルククレンジング

4つの中で一番洗浄力が強い。ウォータープルーフのファンデーションをお使いの方はすぐに落とせるこのタイプがオススメ。ただし、乾燥肌の方は注意が必要です。

洗浄力が強い。オイル同様、合成界面活性剤を多く含むものがあるので注意が必要です。

肌に馴染ませるよう優しくマッサージをした後、しっかり洗顔することが大切です。乾燥肌や敏感肌の方にオススメします。

クリーム同様、乾燥肌や敏感肌の方にオススメ。乳液のようなサラッとした感触で肌によく馴染ませてお使いください。

低刺激で肌に優しい界面活性剤フリー

タイプ別のクレンジングで自分にあうものを選んだら、次は数ある化粧品の中でどれを選べばいいか考えてみましょう。 最近ではスキンケア製品の毒性成分に関する情報がたくさん出ていて、できるだけ身体に悪いものは使いたくない女性が増えてきています。オーガニック化粧品が人気なのもうなづけますね!

そんなナチュラル派のあなたにオススメのクレンジングは、界面活性剤不要のクレンジングです。界面活性剤不要といってもピンと来ない方もいらっしゃるでしょう。界面活性剤とは、クレンジングの洗浄に必要な成分のことで、簡単に説明すると本来混ざりにくい水と油を混じり合いやすくし洗浄力を強くするという役割があります。

それだけだととてもいい成分なのですが、肌に負担がかかるといったマイナス面もあります。さらに使い続けることによって肌のバリア機能を破壊し、化学物質が体内に取り込まれやすくなったり、敏感肌や乾燥肌になってしまうなど恐ろしい一面もあるのです。

あなたはどれを選ぶ?おススメ3タイプ。

Sinn ピュアクレンジング

洗い上がりがしっとりもちもちのオイルジェルクレンジング。97%が美容成分でできています。オーガニック化粧品を初めてお使いの方、仕事中のメイクはやっぱりフルメイクでという方や時間をかけずに早くメイクを落としたいという方にもオススメです。

かぐれ MOISTCHARGE CLEANSING

汚れと皮脂を吸着してくれるベンナイトクレイを配合したクリームタイプのクレンジング。薄化粧の日は水分を多めに混ぜ合わせてミルクタイプで使ったり、クリーム→ミルクのように自分でテクスチャーを調節できるすぐれものです。保湿成分をたっぷり配合していて肌を傷つけないので優しくマッサージもできるし、パックも可能。

LBフェイスクリームクレンザー(リンデンブロッサム)

洗顔にも保湿パックにもなる1本で3つの機能を持ったミルクタイプのクレンジング。リンデンブロッサム(フユボダイジュ花)やローズ(ダマスクバラ花水)配合で、洗い上がりはつっぱり感もなくもちもちです。乾燥肌や敏感肌でお悩みの方に特にオススメです。

この他にもオーガニック100%のオーガニック認証【エコサート】認証取得のマークがあるブランドは厳しい世界基準をクリアしているので安心できます。ただし、マークがなくても自社工場で徹底管理のもとに生産を行っている真面目なメーカーもあるのでご自分でよく精査して購入するようにしましょう。

ヨーロッパで規定されているオーガニックの基準を満たしているかを審査し、認証を行っているエコサート

ここまでオススメのクレンジングをご紹介してきましたが、仮に界面活性剤が入っていない、肌にやさしいクレンジングを使っても、メイクをきちんと落としていなかったりすれば逆効果です。1日酷使した肌をいたわるように丁寧にメイクを落としてあげましょう。そしてもしオーガニック化粧品に興味があり、クレンジングを替えようとしている方は、ファンデーションと一緒に替えてあげるとよりいい効果が生まれますよ。この機会にオーガニック化粧品を試してみませんか!

コメントを残す