化粧のりを良くしよう!のりが良くなる方法はコレ

03640a31d7050274c858f5ed219f1e90_s

化粧のりが悪いと一日が憂鬱になりませんか?
私は憂鬱になります・・・。

毎日、同じケアをしているのに化粧のりにムラがあります。
化粧のりを良くして毎日パッピーに過ごす為に化粧のりを良くするケアをしましょう。

肌質によって化粧のりを良くする方法が違ってきますよ。

化粧のりを良くする方法

肌質によって化粧前のケアが違ってきます。
実は間違ったケアをしていた・・・って事もありえます。

乾燥肌(ドライ肌)

ドライ肌の場合には粉がふいたようになってしまったり、ムラが出来たりしてしまいます。
この場合にはお肌作りが重要です。
化粧のりが良くなる様に、洗顔はキメの細かい泡で顔を優しく洗い、保湿効果の高い化粧水でお肌を整え、乳液やクリームで水分が蒸発しない様に蓋をします。

そうする事でキメが整い、化粧のりの良いお肌になっていきます。

化粧の時のポイントとしてはファンデーションをのばすじゃなく、叩いてお肌に塗る事です。
強く叩くとお肌を傷つけてしまうので優しく叩いてファンデーションをのばして粉も叩いて下さい。

脂性肌(オイリー肌)

オイリー肌の場合にはスキンケアでもそうですが、油分が多い=保湿をしなくてよいと勘違いしている人がいます。

油分が多いと言う事は、乾燥しない様にと油分が多く分泌されている状態です。

オイリー肌は保湿は絶対にしますよ。

オイリー肌はテカリが気になりますが、保湿をしないと余計にテカリが酷くなります。
メイク前に皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体が配合された化粧水で保湿してからメイクをすると化粧のりもよくなりテカリも防止出来ますよ。

混合肌

混合肌の場合にはドライとオイリー両方持っています。
化粧のりを良くする方法としては皮脂の分泌が多い場所にはオイリー肌の化粧品を使う。
乾燥が激しい場所にはドライ用の保湿効果の高い化粧品を使い、お肌をベストな状態にしておくことです。

メイク方もベースメイクをする時に乾燥する部分には少し厚く、オイリーの部分には薄く塗る事で綺麗にメイクできますよ。

化粧のりが悪い時にはパフが原因かも

化粧のりを良くしたいのに、ムラが出来てしまう。
お肌のケアもバッチリだったら、原因はパフかも知れないですよ。

毎日、お肌に使うものなのでパフは汚れます。
顔の脂も付いているので化粧のりが悪くなった時にはパフを洗いましょう。

パフには雑菌も多く存在します。
1週間に1度くらい洗うのがベストです。

パフが汚れるとゴワゴワして肌さわりも悪くなっちゃいます。
フワフワのパフで化粧すればのりも良くなりますよ。

コメントを残す