肌質は変わる!?なりたいお肌になる方法

c7ef2fa0f5fc29e6121dc203ffa2071a_s

年齢やお肌の環境が変わると肌質も変わっていきます。
良い方に変わってくれれば良いんですが・・・悪い方に変わってしまうのは嫌ですね。

乾燥肌だったのに、オイリーになってしまった。
私がこのタイプです。

乾燥肌だったのにオイリーになってしまって毛穴が詰まったりとお肌が汚くなってしまった事があります。

そうならない為に自分の肌質をしって自分の肌をなりたい肌質にしていきましょう。

肌質は年齢で変わる

気に入ったスキンケアがあって長く使い続けている方って多いですよね。
実は肌質はずっと同じじゃないんですよ。

お肌はホルモンバランスによっても変化します。
生理中や妊娠中などホルモンバランスが変化すれば肌質も変化します。

また、年齢でも変化します。
若い年代の方は皮脂の分泌が多く、オイリーなお肌になりやすいです。
20代、30代.40代になるにつれて皮脂の分泌も少なくなり乾燥肌になりやすくなります。

必ずそうなると言う訳じゃないですが、そうなる傾向にありますね。

あなたの肌質は?セルフチェック方法

肌質は基本的に4つに分ける事が出来ます

  • 普通肌
  • 乾燥肌
  • 脂性肌
  • 混合肌

肌質は皮脂量、保湿のバランスによって決まります。
自分がどのタイプか知る事で肌質を改善する事が出来ます。

肌質セルフチェック

お肌のチェックは洗顔、何もケアしない状態で行います。
洗顔後のお肌の状態を見ると自分がどのタイプが直ぐに分かります。

夏は10分程度、冬は5分程度、放置して脂の浮きやすい鼻の頭、乾燥が酷い目の下を観察します。

普通肌

一番ベストな状態です!

顔全体もつっぱらず、脂っぽさもない状態です。

 

乾燥肌

顔全体がつっぱる、目の下がカサカサしている。

 

脂性肌

顔につっぱり感がないけど、鼻の頭やTゾーン、顔全体が脂っぽい感じがする

 

温合肌

顔につっぱり感もあり目の下やTゾーンなど部分的に脂っぽさがある

 

あなたは、どのタイプの肌質でしたか?

私は乾燥肌だったのが脂性肌になり、今では混合肌です。

肌質は化粧水で変わる!

肌質別にスキンケアを紹介します。
肌質で悩んでいる方はスキンケアを変えてなりたい肌になりましょう。

普通肌

あまりトラブルを感じない方が多いですが、生理前やストレスで肌質が変わる事もあります。

洗浄力の強い洗顔を避けて、肌のバリア機能を高めるセラミド配合の化粧水がおすすめです。

乾燥肌

乾燥肌の方はお肌に水分が足りていない状態です。
乾燥していて、お肌のバリア機能が低下している状態です。

乾燥肌はセラミドを奪わないお肌に優しい洗顔を使って下さい。
セラミド配合の化粧水を使用して乳液やクリームで蓋をして水分を閉じ込めるようにスキンケアをすると乾燥が改善します。

化粧も軽めにすると、お肌の負担が減りますよ。

脂性肌

脂性肌の方は毛穴に皮脂が溜まりやすいので黒ずみや毛穴の詰まりが目立ちますね。
皮脂の分泌が多い状態ですが、何度も洗顔をすると逆効果になります。

優しく顔を洗顔した後に化粧水でケアしたあとに、オイルフリーのジェルで保湿をします。
脂が多いから保湿をしないと、お肌を守ろうと余計に皮脂が分泌されます。

化粧水はビタミンC誘導体配合の化粧水がおすすめです。

温合肌

混合肌の方は乾燥、皮脂の分泌が多い状態です。
化粧水はセラミド配合の化粧水を使い、乳液を使う場合も油分が少ないものが良いです。
おすすめはオイルフリーのジェルが良いですよ。

特に乾燥する部分はコットンパックや目元の乾燥はアイクリームで保湿を行うと乾燥を改善する事が出来ます。

「お肌うるうる」と宣伝されていると思わず買ってしまいます。
でも、それは自分に合っているのか見極めてから購入しましょうね。

自分あったスキンケアでなりたい肌になりましょうね。

コメントを残す