目の周りは乾燥しやすい!?デリケートな目の周りの保湿方法!

e7f999cef6b59a7ca0967ee5e0a75511_s

顔の中で一番、乾燥するのが目の周りです。
毎日アイメイクなどで酷使されていて、常に刺激を与えられている状態です。

目の周りが疲れていると顔の印象も暗くなり老けて見えてしまいます。
目の周りが乾燥している状態ではシワややるみの原因になってしまうので目の周りの保湿を変えて若返りましょう。

目の周りはデリケート!なぜ乾燥する?

目の周りはデリケートです。
目の周りは顔の中でも皮膚が薄く、皮脂が少ないんです。
毎日、瞬きをしているので良く動きますよね・・・酷使しています。
さらに、アイメイクやマスカラなど、目の周りにダメージを与える事を沢山、行っています。

なので、目の周りは悪条件が重なり乾燥しやすい場所になります。

皮膚が薄い為、洗顔も気を付けなければいけないです。
雑に洗顔する事で乾燥が悪化したり、皮膚が黒ずんでしまったりしてしまいます。

目の周りが乾燥しない洗顔方法

目の周りは皮膚が薄いので洗顔方法にも気を使わなければいけない場所です。
絶対にやってはいけない事は目の周りをゴシゴシ洗う事です。

ゴシゴシ洗う事でダメージを与え、目の周りの乾燥が酷くなります。

普通の洗顔

目の周りはアイメイクをしている時はアイメイク専用リムーバーでアイメイクを落としてから行います。
特別何もしなくても良いので目の周りを優しく洗い、ぬるま湯で洗い流せばOKです。

メイクを落とす

メイクをしている時は、アイメイク専用のリムーバーをコットンに含ませて、瞼の上に10秒ほど置くとメイクが浮いてきます。
その後は、そっとふき取ればメイクがダメージなく落とす事が出来ます。

目の周りはデリケート!乾燥しない保湿方法

目の周りの乾燥には色んな保湿剤を使わずにセラミドだけにしましょう。
乾燥に良いとされるコラーゲンやヒアルロン酸は他の場所では効果を発揮しますが目の周りは皮膚が薄いのでコラーゲンやヒアルロン酸が乾燥した時に一緒に水分も奪ってしまいます。

セラミドは肌の奥に浸透するので、乾燥して一緒に水分を奪うと言う事がありません。
セラミド配合の伸びの良いクリームを選んで目の周りの乾燥を撃退しましょう。

選ぶ時の基準は以下の通りです。

肌に浸透しやすいナノサイズのセラミド

水分のキープ力が優れているもの

伸びが良く、肌への負担が少ないモノ

目の周りは皮膚が薄いので伸びの良いモノがおすすめです。

目の周りの乾燥にはワセリンも良いとされていますが、粘度があり、塗る時に目の周りに負荷をかけやすいです。
塗る時のダメージは小じわの原因にもなるので、あまりおすすめ出来ません。

コメントを残す